劇團チョコリンゴ HP

劇團チョコリンゴとは?

演劇ユニット「劇團チョコリンゴ」。
(げきだんちょこりんご)

2013.10.までは舞台公演中心に活動、
以後はボイスドラマ等を中心に活動予定。

詳細 >>

【声劇(ボイスドラマ)】2013.12.26.更新

第1回「魔王の門の前で」
数々のピンチを乗り越え、ようやくラストダンジョンの最深部「魔王の神殿」の門の前ま­でやってきた勇者パーティ。いざ突撃!のはずが・・・。

詳細 >>

【舞台公演・2】2013.10.まで

劇團チョコリンゴ(旧・劇團コダワリ)の
過去の舞台公演を紹介します。
(→→詳細コチラ←←)

2013.10.2.~6.
第19回公演「夜に咲く花」


2013.8.27.~9.1.
第18回公演「BACKSTAGE1969」

2013.7.23~28.
第17回公演「水銘館炎上」


2013.6.19~23.
第16回公演「悪妻身につかず」


2013.5.15.(水)~19.(日)
第15回公演「BACKSTAGE1964」

詳細 >>

【舞台公演・1】2013.4.まで

劇團チョコリンゴ(旧・劇團コダワリ)の
過去の舞台公演を紹介します。
(→→詳細コチラ←←)


2013.4.9.~14.
劇團チョコリンゴ第14回公演「白地に赤く」


(→→詳細コチラ←←)

2013.3.5.~10.
劇團チョコリンゴ第13回公演「生きてこそ」


2013.1.29.~2.3.
劇團チョコリンゴ第12回公演
「妖怪奇譚・十六夜の契り」


(→→詳細コチラ←←)

2012.12.20.~24.
劇團チョコリンゴ第11回公演
「聖夜秘話・三太への贈り物」


2012.11.14.~18.
劇團チョコリンゴ第10回公演「白地に赤く」


(→→詳細コチラ←←)

2012.10.5~8.
劇團チョコリンゴ第9回公演
「ラク町の女たち」 


2012.8.29.(水)~9.2.(日)
劇團チョコリンゴ第8回公演
「メイド部・萌えに燃えて」


(→→詳細コチラ←←)

2012.7.25.~29.
劇團チョコリンゴ第7回公演
「妖怪奇譚・お菊の願い」


2012.6.20.~24.
劇團チョコリンゴ第6回公演
「悪妻身につかず」


(→→詳細コチラ←←)


2012.5.16.~20.
劇團チョコリンゴ第5回公演 「たそがれウインキー~BACK STAGE 1961」


2012.3.11~15.
劇團チョコリンゴ第4回公演
「BACK STAGE 1959」


(→→詳細コチラ←←)


2012.2.2~5.
劇團チョコリンゴ第3回公演「生きてこそ」


2011.10.21~23.
アドレナリン21+劇團コダワリ=コダワリン21第1回コラボ公演 「まさかの坂」


(→→詳細コチラ←←)


2011.8.11~14.
劇團コダワリ第2回公演「バーチャル社員」


2010.12.3~5.
劇團コダワリ旗揚げ公演「萌えパニ★」


(→→詳細コチラ←←)

詳細 >>

ライブ情報

ライブ情報はまだありません。

synclメッセージ

いよいよ、舞台「萌えパ二★」千秋楽!

12月3~5日

劇團コダワリ旗揚げ公演


舞台「萌えパニ★」



いよいよ本日が千秋楽です!!


昨日の夜公演後の集合では
演者の皆に
「お客様に伝えること」

より重視
するよう話して解散しました。


泣いても笑っても今日が最後・・・

せいいっぱい、
がんばっていきまっしょい

オリジナル表示
■開演日時■
2010.12.3(金)~5(日)の3日間5公演
・3(金)・・・19時~
・4(土)・・・15時~&19時~
・5(日)・・・14時~&18時~
(開場は、開演の30分前です。)

■料金■
前売:当日ともに 2,500円。
(お席に限りがありますので、なるべく事前予約をオススメいたします。)

チケットのお申し込み、お問い合わせは
各出演者へ直接どうぞ


■会場■
新宿区百人町・白萩ホール
〒169-0073
東京都新宿区百人町1-5-6 白萩服飾専門学校2F
オリジナル表示
■出演者■
原田詩織、寺嶋由芙、藤生仁美、岡本雪菜、桜木つかさ、坂本葉月、藤田ちふみ、竹内啓子、藤野光一、江口和樹、鳴海なのか、尾崎卓也、石田ヨウスケ、横浜進一、城田将志、増永佳那、…他

■内容■
廃れたスナックの経営者が、タレント志望の女の子達を集めメイド喫茶への転換を思い立つ。
甘い広告に集まってくる志望者の女の子達。
経営者は「メイド経験者」「ダンス教師」「元・歌手」を招き、採用した女の子達にレッスンを開始する。
だが、中には地方出身者・引きこもり・ニューハーフも混じっており、一筋縄ではいかなくて…
これらが織り成す群像を面白おかしく舞台化する予定です。


■演出・脚本…鳴海なのか
http://ameblo.jp/nano73/

■原案・協力…ゼロ・カンパニー代表/神佑輔
 
http://www.zero-kan.com/


詳細は、変更の恐れがありますのでご了承くださいませ。


2010-12-05 09:18:03投稿者 : 劇團コダワリ-鳴海なのか
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと
コメント一覧
コメントはまだありません。