劇團チョコリンゴ HP

劇團チョコリンゴとは?

演劇ユニット「劇團チョコリンゴ」。
(げきだんちょこりんご)

2013.10.までは舞台公演中心に活動、
以後はボイスドラマ等を中心に活動予定。

詳細 >>

【声劇(ボイスドラマ)】2013.12.26.更新

第1回「魔王の門の前で」
数々のピンチを乗り越え、ようやくラストダンジョンの最深部「魔王の神殿」の門の前ま­でやってきた勇者パーティ。いざ突撃!のはずが・・・。

詳細 >>

【舞台公演・2】2013.10.まで

劇團チョコリンゴ(旧・劇團コダワリ)の
過去の舞台公演を紹介します。
(→→詳細コチラ←←)

2013.10.2.~6.
第19回公演「夜に咲く花」


2013.8.27.~9.1.
第18回公演「BACKSTAGE1969」

2013.7.23~28.
第17回公演「水銘館炎上」


2013.6.19~23.
第16回公演「悪妻身につかず」


2013.5.15.(水)~19.(日)
第15回公演「BACKSTAGE1964」

詳細 >>

【舞台公演・1】2013.4.まで

劇團チョコリンゴ(旧・劇團コダワリ)の
過去の舞台公演を紹介します。
(→→詳細コチラ←←)


2013.4.9.~14.
劇團チョコリンゴ第14回公演「白地に赤く」


(→→詳細コチラ←←)

2013.3.5.~10.
劇團チョコリンゴ第13回公演「生きてこそ」


2013.1.29.~2.3.
劇團チョコリンゴ第12回公演
「妖怪奇譚・十六夜の契り」


(→→詳細コチラ←←)

2012.12.20.~24.
劇團チョコリンゴ第11回公演
「聖夜秘話・三太への贈り物」


2012.11.14.~18.
劇團チョコリンゴ第10回公演「白地に赤く」


(→→詳細コチラ←←)

2012.10.5~8.
劇團チョコリンゴ第9回公演
「ラク町の女たち」 


2012.8.29.(水)~9.2.(日)
劇團チョコリンゴ第8回公演
「メイド部・萌えに燃えて」


(→→詳細コチラ←←)

2012.7.25.~29.
劇團チョコリンゴ第7回公演
「妖怪奇譚・お菊の願い」


2012.6.20.~24.
劇團チョコリンゴ第6回公演
「悪妻身につかず」


(→→詳細コチラ←←)


2012.5.16.~20.
劇團チョコリンゴ第5回公演 「たそがれウインキー~BACK STAGE 1961」


2012.3.11~15.
劇團チョコリンゴ第4回公演
「BACK STAGE 1959」


(→→詳細コチラ←←)


2012.2.2~5.
劇團チョコリンゴ第3回公演「生きてこそ」


2011.10.21~23.
アドレナリン21+劇團コダワリ=コダワリン21第1回コラボ公演 「まさかの坂」


(→→詳細コチラ←←)


2011.8.11~14.
劇團コダワリ第2回公演「バーチャル社員」


2010.12.3~5.
劇團コダワリ旗揚げ公演「萌えパニ★」


(→→詳細コチラ←←)

詳細 >>

ライブ情報

ライブ情報はまだありません。

synclメッセージ

4月舞台キャスト募集「白地に赤く」特攻隊へ志願した若者達と、彼らを取り巻く家族や恋人を描く物語

4/9~14上演予定の舞台
アドレナリン21第27回公演&劇團チョコリンゴ第14回公演
「白地に赤く」キャスト募集詳細です。


■主役を含むメインキャストを公募します。
■稽古回数は少ないですが、 稽古場と会場が同じ場所で、建て込み後のセットで稽古するため、短い期間の稽古でもイメージがつかみやすいと思います。
■2本の作品は、完全入れ替え制の同時上演となります。

・過去に何回も上演され、人気の高かった作品の再演です。
・特攻に向かう特攻隊員とその近親者の葛藤を描いた「戦争悲劇」です。
・メインストーリーは7名の登場人物によって進行しますので、各役の台詞量はかなりのものです。
・海軍少尉の役は純白の二種軍装、陸軍大尉は三式夏季使用の軍服になります。

■過去の作品→ http://tkrng.syncl.jp/?p=custom&id=11749201
(アドレナリン21第18回公演「白地に赤く」→) http://ameblo.jp/nano73/entry-11171872584.html

・・・・・・・・・・・・・・・・
お問い合わせは、随時受け付けております。
s-spot@s-spot.net ま でお気軽にどうぞ!
・・・・・・・・・・・・・・

詳細は変更の恐れがございますのでご了承ください。



以下、物語のネタばれを含む場合もございます。観劇予定の方はご注意くださいませ。


 


アドレナリン21第27回公演&劇團チョコリンゴ第14回公演
「白地に赤く」
(アドレナリン21HP http://ad21.syncl.jp/
(劇團チョコリンゴHP http://tkrng.syncl.jp/

■オーディション…2013.2.11.(月)~17.(日)、各日18時~
お好きな1日をお選びください。1時間以内に終わる予定。
(オーディション日に予定が合わない場合、お気軽にご相談ください。)

お問い合わせ・ご応募は、s-spot@s-spot.net(担当:鳴海)まで。
オーディションの〆切は、【参加日の前日】です。
【ご応募の際の必要事項】
・お名前・年齢・性別・連絡先・所属・オーディション希望日・希望役
件名は「白地応募 (応募者のお名前)」でお願いいたします。


 【概要】
●上演日…2013.4.9.(火)~14.(日)全8公演予定(1チーム4公演)
●作品の長さ…1時間45分前後

●稽古…2013.3.15 .(金)~4.8.(火)
平日17時~22時、 土日13時~22時、
(4.5&8~10は平日ですが13時~22時、4.14.は12時~22時予定)
・多少の遅刻・早退・欠席はオーディション時に相談に応じます。
・Wキャストのため、1日置きの稽古になります。

●会場および稽古場…新宿区百人町・白萩ホール
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-5-6 白萩服飾専門学校2F

●ノルマ…あり。(役により「1公演あたり2~5枚」×4公演=)8~20枚
ノルマ以上の売り上げは、全て売った本人のギャラとなります。
・衣装・台本代として、「白地に赤く」の吉川和夫・岡田登・小沢忠の方のみ別途1万円をいただきます。(純白の二種軍装です。こちらのみ、業者にレンタル予定。)
・それ以外の役の方は、衣装・台本代として、別途一律1000円をいただきます。

●チケット料金…前売:当日ともに2,000円。 ■物語…太平洋戦争終結直前の昭和20年6月。東京郊外の岡田家が舞台となる。父母は東京から疎開し、兄の登は海軍へ。家を守るのは長女の弥生と次女の正子。海軍飛行予備学生として戦闘機搭乗員となった吉川和男と岡田登。二人は無二の親友であり、吉川は岡田の妹(弥生)と将来を誓い合った仲であった。そんな矢先、戦局の打開策として「神風特別攻撃隊」が編成されることになり、二人は時代の波に押し流されるように志願してしまうそんな彼らに最後の休暇が与えられたのは、昭和20年5月末日のことであった。そして岡田と吉川は、「特攻隊に志願した事は二人だけの秘密にしておこう」と誓い合い、岡田の実家へと向かうのだった。ところが、酒宴の席で岡田と吉川が口論となり、激昂した岡田が思わず特攻隊に志願した事を口走ってしまう。吉川和男との再会に胸をときめかせていた弥生は、一転して奈落の底へと突き落される。そんな弥生の気持ちを汲んだ岩本大尉は、同席者の誰もが驚くような発言をするのだが……。(海軍特別攻撃隊(特攻隊)へ志願した二人の海軍少尉と、彼らを取り巻く家族や恋人たちを描いた物語です。)
■募集配役
カッコ内は設定年齢。その年齢に見える方であれば、実年齢は問いません。
≪戦時中≫
・吉川和夫(海軍中尉・22歳)、文科系学生の繰上げ卒業によって海軍飛行科へ志願し、飛行予備学生として任官。親友の岡田少尉の妹(弥生)と交際を続けていたが国難を前に特攻隊に志願。
・岡田登(海軍中尉・22歳)吉川の慎重な性格と反し、あまり物事を深く考えない楽天的な性格。そんな性格でありながら、妹の弥生と吉川が結ばれない運命になったことを誰よりも悲しんでいる。
・岡田弥生(勤労奉仕中・20歳)大和撫子と噂されるほど清楚な女性。父母が疎開した後、実家を切り盛りしている。吉川との結婚を真剣に望んでいる。
・岡田正子(女学校の学生・17歳)兄の登と似た性格で明るく屈託がない。姉と吉川の交際は知っていてかげながら応援している。場を明るくするタイプの女性。
・岩本覚雄(陸軍大尉・26歳)岡田少尉の知人で剣道の達人。陸軍航空隊に勤務。特攻という無謀な作戦に心を痛めている。寸部の隙も無い軍人らしい風貌の人。
・小沢忠(海軍少尉・22歳)吉川や岡田の同期生。軍令部に勤務するエリート。覚めた目で戦争の行く末を見つめ、特攻廃止論を唱えている。
・吉川種子(国民学校の教師・27歳)吉川少尉の姉で、海軍将校と婚約している。理路整然とした話し方が、いかにも教師を思わせる。弟と弥生の結婚を願っている。
≪現代≫
・佐野(男女問わず、25~30歳)岡田家の解体依頼を受けた解体業者。真面目で仕事をきっちりこなす。解体見積もり中、弥生の日記を発見し・・・
・井川(男女問わず、25~30歳)佐野の相棒。いかに手を抜き楽に給料をもらうか、を考えているテキト―人間。実は、人一倍涙もろく、情に厚い。

●脚本・アドレナリン21演出…神佑輔(ゼロ・カンパニー代表、アドレナリン21主宰)
1953年生まれ。多数の映画、TVドラマ等に出演(NHKにて主演を2回経験)。現在は主に舞台公演の演出・脚本を手掛けている。
ゼロ・カンパニー HP http://www.zero-kan.com/
●劇團チョコリンゴ演出・制作…鳴海なのか(シュガー・スポット(株)所属、劇團チョコリンゴ主宰)
1983年生まれ。「女優&簡単家庭料理研究家」の肩書きで、舞台、映像、ネットTV、アイドルライブイベント…など、幅広く活動中。 近年は、舞台や映像などの制作・撮影・演出・脚本なども手掛けている。
鳴海なのかプロフィール http://s-spot.net/nanoka-narumi.html
鳴海なのかブログ http://ameblo.jp/nano73/


キャスティング担当:鳴海なのか(シュガー・スポット)
シュガー・スポット株式会社HP http://s-spot.net/

(詳細は、変更の恐れもございますのでご注意くださいませ。) 

2013.12.19.鳴海なのか


2012-12-19 00:25:18投稿者 : 劇團チョコリンゴ―鳴海なのか
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと
コメント一覧
コメントはまだありません。