劇團チョコリンゴ HP

劇團チョコリンゴとは?

演劇ユニット「劇團チョコリンゴ」。
(げきだんちょこりんご)

2013.10.までは舞台公演中心に活動、
以後はボイスドラマ等を中心に活動予定。

詳細 >>

【声劇(ボイスドラマ)】2013.12.26.更新

第1回「魔王の門の前で」
数々のピンチを乗り越え、ようやくラストダンジョンの最深部「魔王の神殿」の門の前ま­でやってきた勇者パーティ。いざ突撃!のはずが・・・。

詳細 >>

【舞台公演・2】2013.10.まで

劇團チョコリンゴ(旧・劇團コダワリ)の
過去の舞台公演を紹介します。
(→→詳細コチラ←←)

2013.10.2.~6.
第19回公演「夜に咲く花」


2013.8.27.~9.1.
第18回公演「BACKSTAGE1969」

2013.7.23~28.
第17回公演「水銘館炎上」


2013.6.19~23.
第16回公演「悪妻身につかず」


2013.5.15.(水)~19.(日)
第15回公演「BACKSTAGE1964」

詳細 >>

【舞台公演・1】2013.4.まで

劇團チョコリンゴ(旧・劇團コダワリ)の
過去の舞台公演を紹介します。
(→→詳細コチラ←←)


2013.4.9.~14.
劇團チョコリンゴ第14回公演「白地に赤く」


(→→詳細コチラ←←)

2013.3.5.~10.
劇團チョコリンゴ第13回公演「生きてこそ」


2013.1.29.~2.3.
劇團チョコリンゴ第12回公演
「妖怪奇譚・十六夜の契り」


(→→詳細コチラ←←)

2012.12.20.~24.
劇團チョコリンゴ第11回公演
「聖夜秘話・三太への贈り物」


2012.11.14.~18.
劇團チョコリンゴ第10回公演「白地に赤く」


(→→詳細コチラ←←)

2012.10.5~8.
劇團チョコリンゴ第9回公演
「ラク町の女たち」 


2012.8.29.(水)~9.2.(日)
劇團チョコリンゴ第8回公演
「メイド部・萌えに燃えて」


(→→詳細コチラ←←)

2012.7.25.~29.
劇團チョコリンゴ第7回公演
「妖怪奇譚・お菊の願い」


2012.6.20.~24.
劇團チョコリンゴ第6回公演
「悪妻身につかず」


(→→詳細コチラ←←)


2012.5.16.~20.
劇團チョコリンゴ第5回公演 「たそがれウインキー~BACK STAGE 1961」


2012.3.11~15.
劇團チョコリンゴ第4回公演
「BACK STAGE 1959」


(→→詳細コチラ←←)


2012.2.2~5.
劇團チョコリンゴ第3回公演「生きてこそ」


2011.10.21~23.
アドレナリン21+劇團コダワリ=コダワリン21第1回コラボ公演 「まさかの坂」


(→→詳細コチラ←←)


2011.8.11~14.
劇團コダワリ第2回公演「バーチャル社員」


2010.12.3~5.
劇團コダワリ旗揚げ公演「萌えパニ★」


(→→詳細コチラ←←)

詳細 >>

ライブ情報

ライブ情報はまだありません。

synclメッセージ

57件中   31 - 40 件表示 ( 全 6ページ )
  1  2  3  4  5  6   

本日のアクセス数、3,327。

いつものように何気なく
当サイトの管理画面を開いたところ、

思わずびっくりいたしました。
オリジナル表示
2012.3.1.のアクセス数が
なんと1日で3,327を記録していたのです。


劇團チョコリンゴのサイトは

通常で、1日平均100~200、
公演前後は、1日平均300~500
くらいのアクセス数です。


ちなみに3/1のユニークアクセスは
3,291だったので
もしかするとどこかで何らかの形で紹介されたのかもしれません。



オリジナル表示
↑3/1アクセスの内訳。



2012-03-02 01:08:27投稿者 : 劇團チョコリンゴ―鳴海なのか
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと

Bチームれぽ

さてさて、
劇團チョコリンゴ第4回公演舞台「BACK STAGE 1959」
ただいま稽古期間の約1/3が過ぎました。
(3/7~11上演、舞台詳細コチラ

ABの2チームWキャスト(一部変則、シングルもあり)
1日おきに各チームの稽古、ということで、

今回はBチームの稽古レポートをしてみようと思います。

(Aチーム(白萩経験者多めチーム)れぽこちら)

オリジナル表示
↑ある日の稽古のひとコマ。

先日タテコミをしまして、この時とはセットの形が変わっております。
色もそのうちガラッと変える予定です。

オリジナル表示
↑ダンサー役の皆様。(あと野村さんが揃えば全員集合です)

左後ろから高橋さん、近藤さん、
平井さん、森山さん、沢村さん

Bチームは
3/8 木 19時~ 3/9 金 15時~
3/10土 15時~ 3/11日18時~
・・・の4公演、


キャストは
沢村穂乃華/平井絢子/柳原優/森山りお/野村亜矢/高橋宏美/近藤さゆり/河上智子/坂本匡在/宮澤遼平/勝俣英明/橘綾乃/羽二鳥なおき/柴野祐弥/西本宙樹/関根良太/ 新尉ジン(水木金のみ)/小沼努(土日のみ) (敬称略)。


ちなみにBチームのダンサー役の方は、
皆様細身でスタイル抜群なダンサー体型の方ばかりで、
しかも大半がダンス経験者、もしくはダンサーさんなのです。


というわけで、ダンスシーンがかなり本格的に仕上がっております。
(Aチームの面々は、Bの皆様に教えていただき、猛特訓中)

オリジナル表示
↑左から綾乃ちゃん、平井さん。

今回は男性のメインキャストが2人しかいないため、

稽古開始直後は
日によっては女性7名+男性1名(+演出さん+私)
・・・なんて状況だったり(笑)

ちなみにBチームのメインの女性陣は全員白萩ホール初出演なんです。
というわけで最初はかなり「遠慮」が見えたようですが
最近はだいぶ「まとまり感」が出てきた模様です。

稽古は残り3回、これからさらにどう変わるのか楽しみです。

2012-03-02 00:48:55投稿者 : 劇團チョコリンゴ-鳴海なのか
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと

Aチーム(白萩経験者多めチーム)れぽ。

さてさて、
劇團チョコリンゴ第4回公演
舞台「BACK STAGE 1959」


ただいま稽古期間のが半分過ぎました。

(3/7~11上演、舞台詳細コチラ


ABの2チームWキャスト(一部変則、シングルもあり)
1日おきに各チームの稽古、ということで、

今回はAチームの稽古レポートをしてみようと思います。

オリジナル表示
↑ある日の稽古のひとコマ。

セットはまだ、前回の公演「生きてこそ」「白地に赤く」の時のままの色ですが、
本番までにはガラっと変わる予定です

左から、宮本ひろみさん、岩間香織さん、河野ひかるちゃん、和沙withちゃん。


Aチームは
3/7 水 19時~ 3/9 金 19時~
3/10土 19時~ 3/11日 14時~
・・・の4公演。

キャストは
河野ひかる/宮本ひろみ/池田愛/岩間香織/鍛代典佳/亀山綾香/和沙with/鳴海なのか/尾崎卓也/鷹嵩太朗/勝俣英明/橘綾乃/羽二鳥なおき/柴野祐弥/西本宙樹/新尉ジン(水木金のみ)/小沼努(土日のみ)
(敬称略)


・・・18名中15名が白萩経験者、
比較的白萩経験者が多めのチームとなります。

それもあってか、時々
ある意味「白萩らしい」不思議なテンションになります。
(私が大好きなやつですね、はい(笑))

オリジナル表示
↑例えばこんな感じ。

尾崎さんが
皆のリクエストでカツラかぶって撮影会中な、
稽古休憩中のひとこまです。

尾崎さんほど「サービス精神」にあふれた方も
なかなかいらっしゃらないんじゃないかと思います(笑)


あ、やる時はもちろん真面目に稽古してますよ
あくまで休憩中ってことで・・・

オリジナル表示
↑ひかちゃんフラフープ中

昭和34年当時っぽいもの、ってことで小道具としておいてありまして。


ひかちゃん、これがまたうまいんですよね。
ボーっと観てると、ずっと回してる気がします。

あ、写真撮ってないけど鍛代ちゃんも上手かったです。

私もチャレンジ・・・しましたが、難しかったです。

オリジナル表示
↑ひかちゃんと私で記念撮影



演出の神佑輔さんには、この間
「Aチームはバカボンズ、Bチームは大人」
と言われました。


作品にもこの空気がでてきているようで、
同じ台本ではあるけれど、
AとBで違う雰囲気の作品になるんじゃないかと思われます。


さて、そのうちBチームの稽古レポートもするかもしれません。

2012-02-25 09:51:02投稿者 : 劇團チョコリンゴ―鳴海なのか
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと

稽古初日!~縁は異なもの 味なもの

昨日は、夕方から
劇團チョコリンゴ第4回公演
舞台「BACK STAGE 1959」
の稽古初日でした。


ちなみに私は劇團チョコリンゴとは別件で

自分が主催で審査するほうの側の
「とあるボイスドラマCD」のキャストオーディションをやってきました。

メール選考で絞った
40名近い応募者の皆様とお会いしたわけですが


やはり基本
思考回路が「舞台」にどっぷりつかっているようで

「この方、次の舞台のアノ役で使いたいなぁ」
・・・という方がちらほらいらっしゃいまして、

何名かの方には何気にチラッと
「こういう事やってるんですよ」
「次はこういう作品 やるんですよ」程度に舞台の話もして
良かったら稽古場に見学に来ませんか、と誘ってはいたんです



で、オーディションの選考の後
舞台「BACK STAGE 1959」 の初日稽古をしていていたところ


先ほどのオーディションに参加していたおひとり
「関根良太」くんが見学にいらしたので
脚本・演出の神佑輔氏に紹介したら・・・

神氏「3月7日~11日空いてる?舞台出ない?」

・・・・なんとこのあと、
関根君の舞台「BACK STAGE1959」への参加が正式に決定しました。


なんでも
脚本の都合上、削った役を復活させたので誰にやらせるか考えていたところ、
たまたまイメージに合う関根君が飛び込んできたようで・・・


さすが神氏。
その発想はなかったです。


関根君も、まさかボイドラのオーディション受けに来て、
舞台が決まるとは思わなかったでしょうね。


私としては
現在キャスト募集中の白萩の次の舞台「枯れ草物語」
で誘ったつもりだったのですが、

きっと結果オーライってやつです。



さて、昨日の初日稽古は、
台本を半分までいただいたあと
色々話を挟んだあと軽く本読みをし、一旦早めに解散、


そのあと有志で
前回の舞台「生きてこそ」「白地に赤く」で使った衣装や小道具を整理しまして
(ある程度乾燥させてからしまわないといけないらしく、広げて乾かしてたんです。)

そして、残ってたメンバーで・・・
オリジナル表示
↑軽く「かんぱい」

なぜか肝試しの話から話がどんどん妙な方向にずれていき・・・
最後のあたりはなかなか衝撃的な話題になっていた気がしますが、

稽古初日からなかなかよいスタートがきれたのではないかと思います




そんな舞台「BACK STAGE 1959」の詳細は↓コチラ

チケットのお申し込み・お問い合わせは各出演者まで直接、
お問い合わせはs-spot@s-spot.netまでお気軽にどうぞ。



2012.3.7.(水)~11.(日)上演
劇團チョコリンゴ第4回公演「BACK STAGE1959」
(劇團チョコリンゴHP http://kodawari.syncl.jp/
●脚本・演出…神佑輔
(アドレナリン21http://home1.netpalace.jp/adrenaline21/
/ゼロ・カンパニーhttp://www.zero-kan.com/
●デザイン・制作…鳴海なのか
(シュガー・スポット株式会社http://s-spot.net//劇團チョコリンゴ)

■開演日時…Wキャスト。回により出演者が異なります。
7 水 19時~(Aチーム)
8 木 19時~(Bチーム)
9 金 15時~(B) 19時~(A)
10 土 15時~(B) 19時~(A)
11 日 14時~(A) 18時~(B)
(開場は、開演の30分前です。)

■会場…新宿区百人町・白萩ホール
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-5-6 白萩服飾専門学校2F

■チケット料金…前売・当日ともに 2,000円。
(2チーム観劇割引チケット:前売・当日ともに3,000円)

■物語…昭和34年、東京・立川の大衆キャバレー「ルージュ」が舞台。
伝説の踊り子「マイラ」の愛弟子「ビーちゃん」が、ルージュを辞めると言い出した。突然の発言にルージュのダンサー達の間で醜い後継者争いが生じ始めた。そんな中、ルージュの社長の元に借金の取り立て屋が現れる。この事件をきっかけに、借金の担保で「ルージュ」が売却されるという噂が一気に広まり、踊り子たちは大パニックに……。
華やかで奔放なダンサー達を中心に、楽屋に出入りする様々な人間模様を描いた、ちょっぴりもの悲しく、ほんのり温かいお話です。

■キャスト
≪Aチーム≫
河野ひかる/宮本ひろみ/池田愛/岩間香織/鍛代典佳/亀山綾香/和沙with/鳴海なのか/尾崎卓也/鷹嵩太朗/他
≪Bチーム≫
沢村穂乃華/平井絢子/柳原優/森山りお/野村亜矢/高橋宏美/近藤さゆり/河上智子/坂本匡在/宮澤遼平/他
≪A&Bチーム共通≫
勝俣英明/橘綾乃/羽二鳥なおき/柴野祐弥/西本宙樹/関根良太/他
≪水木金のみ≫新尉ジン
≪土日のみ≫小沼努

(詳細は変更の恐れがございますのでご了承くださいませ)


2012.2.12.鳴海なのか


2012-02-12 11:41:47投稿者 : 劇團チョコリンゴ―鳴海なのか
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと

舞台「生きてこそ」終了御礼と、第4回公演「BACKSTAGE1959」顔合わせ

遅くなりましたが、

2012.2.1.~5.上演の

劇團チョコリンゴ第3回公演「生きてこそ」

アドレナリン21第18回公演「白地に赤く」同時公演、


諸々ハプニングはあったため
無事に・・・とはいかなかったものの、なんとか終える事が出来ました。

「終わり良ければ全て良し」。


オリジナル表示

また改めてこちら2作品のレポートをさせていただきたいと思っております。



さて、終わったばかりではありますが
既に3.7.~11.上演の次の作品
劇團チョコリンゴ第4回公演「BACK STAGE 1959」
へと動き出しております。

2ヶ月連続で公演が打てるのも、皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。

オリジナル表示
↑本日完成した、「BACK STAGE 1959」裏面のデザイン。

今回はWキャストということで、
出演者顔写真4段のうち上3段はそれぞれAチームBチームで
「同じ役」を演じる方が左右対称になるように配列いたしました。


稽古開始は今週末から、
昨日はキャストのうちの希望者のみで
「顔合わせ」を行いました。

直前に決まったキャストが多かった事や
前の公演に関わっていたキャストが多かったためか
参加人数は全出演者の半分程度だったこともあり

台本などをお渡ししたあと一旦「解散」


そのあと、しばらく残っていた少数で軽く鍋をつつきつつ
少しだけ飲みました。
オリジナル表示
↑和風トマトぎょうざ鍋(の、餃子が入る前)。

近所の100円コンビニで手に入る材料で
すぐ下処理が簡単ですぐ煮えるもの中心にサッと作りました。


今回は
久々登場の小沼努さん、坂本匡在さんをはじめ
勝俣英明さん、尾崎卓也さんら白萩常連組も多数出演なさるほか、

女性陣を中心に当ホール初出演の方々も多数いらっしゃいます。


果たしてどんな作品に仕上がるのか・・・
皆様どうぞお楽しみに。


以下、第4回公演の詳細です。

チケットのお申し込み・お問い合わせは各出演者まで直接、
お問い合わせはs-spot@s-spot.netまでお気軽にどうぞ。



2012.3.7.(水)~11.(日)上演
劇團チョコリンゴ第4回公演「BACK STAGE1959」
(劇團チョコリンゴHP http://kodawari.syncl.jp/
●脚本・演出…神佑輔
(アドレナリン21http://home1.netpalace.jp/adrenaline21/
/ゼロ・カンパニーhttp://www.zero-kan.com/
●デザイン・制作…鳴海なのか
(シュガー・スポット株式会社http://s-spot.net/

■開演日時…Wキャスト。回により出演者が異なります。
7 水 19時~(Aチーム)
8 木 19時~(Bチーム)
9 金 15時~(B) 19時~(A)
10 土 15時~(B) 19時~(A)
11 日 14時~(A) 18時~(B)
(開場は、開演の30分前です。)

■会場…新宿区百人町・白萩ホール
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-5-6 白萩服飾専門学校2F

■チケット料金…前売・当日ともに 2,000円。
(2チーム観劇割引チケット:前売・当日ともに3,000円)

■物語…昭和34年、東京・立川の大衆キャバレー「ルージュ」が舞台。
伝説の踊り子「マイラ」の愛弟子「ビーちゃん」が、ルージュを辞めると言い出した。突然の発言にルージュのダンサー達の間で醜い後継者争いが生じ始めた。そんな中、ルージュの社長の元に借金の取り立て屋が現れる。この事件をきっかけに、借金の担保で「ルージュ」が売却されるという噂が一気に広まり、踊り子たちは大パニックに……。
華やかで奔放なダンサー達を中心に、楽屋に出入りする様々な人間模様を描いた、ちょっぴりもの悲しく、ほんのり温かいお話です。

■キャスト
≪Aチーム≫
河野ひかる/宮本ひろみ/池田愛/岩間香織/鍛代典佳/亀山綾香/和沙with/鳴海なのか/尾崎卓也/他
≪Bチーム≫
沢村穂乃華/平井絢子/柳原優/森山りお/野村亜矢/高橋宏美/近藤さゆり/河上智子/坂本匡在/他
≪A&Bチーム共通≫
勝俣英明/橘綾乃/羽二鳥なおき/柴野祐弥/鷹嵩太朗/西本宙樹/宮澤遼平/他
≪水木金のみ≫新尉ジン
≪土日のみ≫小沼努



(詳細は変更の恐れがございますのでご了承くださいませ)

2012.2.8.鳴海なのか


2012-02-08 18:25:19投稿者 : 劇團チョコリンゴ―鳴海なのか
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと

チラシ絵完成!舞台「BACKSTAGE1959」チラシデザイン完成!~劇團チョコリンゴ第4回公演

現在
舞台「生きてこそ」 &舞台「白地に赤く」 (上演:2月1日~5日)
の稽古期間中なわけですが、

こちらが終わってからすぐ稽古が始まる作品、

劇團チョコリンゴ第4回公演
舞台「BACK STAGE 1959」
(上演:3月7日~11日)
の、

フライヤーデザイン完成しました(°∀°)b
 

今回も私がデザインさせてもらいました。
(フォトショップ、色鉛筆、水彩絵の具使用。)

今回は
「昭和34年、
東京は立川の架空の大衆キャバレーの楽屋が舞台、
華やかで奔放なダンサー達を中心に、
楽屋に出入りする様々な人間模様を描いた
ちょっぴりもの悲しくほんのり温かいお話」
・・・ということで

イラストは
タイトルになってるバックステージ(→舞台袖、楽屋)
にいるダンサーさんをイメージ、

「BACK STAGE 1959」のロゴは、
夜の街に輝くお店のネオンっぽい感じを
イメージして作ってみました


さて、明日20日~22日は
舞台「BACK STAGE 1959」のオーディション、

来週末頃には
キャストをはじめとする詳細を発表できれば、と思ってます。

2012.1.19. 鳴海なのか

2012-01-19 11:47:46投稿者 : 劇團チョコリンゴ―鳴海なのか
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと

戦時中の「本物」軍服と、衣装合わせ。

昨日から
アドレナリン21さんの第18回公演「白地に赤く」
劇團チョコリンゴ第3回公演「生きてこそ」
2舞台(上演は2月1日~5日)の稽古が始まりました


稽古初日ということで、
2舞台のキャストが集合、総勢20名とかなりにぎやかでしたよ。

本日からは1日置きに稽古となるため、
両作品のキャストが勢ぞろいする機会は
次は本番あたりになるのではないかと思います。


さてさて、昨日は皆様の衣装合わせをいたしました

オリジナル表示
↑こちら、衣装用の軍服の一部なのですが

なんと

昭和20年当時に実際に使われていた軍服なのです

(写真は試着途中状態のためちょっと雑に置かれているようにも見えますが、衣装合わせ終了後にハンガーにかけたり、使わないものは畳んでしまったり…など皆で手分けして整理しました。)


舞台「生きてこそ」だけでも陸軍軍服を着用する方は7名
フルセットでここまで揃うところは、めったにないんじゃないかと思います。


なぜこんなに大量にあるかと申しますと
両作品の脚本・演出をなさる神佑輔氏が長い年月をかけて
オークションなどで少しずつ買いためた「私物」をお借りしているからなのです。

貸していただきありがとうございます。

「お借りしている」という自覚と感謝を持って、大事に扱わなければな、と

オリジナル表示
↑軍服試着中の新尉ジンさん。

この写真では爽やかな笑顔ですが、
果たして劇中ではどんな表情を見せてくださるのか…

はたまた他の皆様は一体どのように変身したのか…


これ以上は本番でのお楽しみ、ということで(笑)

2012.1.6.鳴海なのか


以下、舞台の詳細です。

チケットのお申し込み・お問い合わせは各出演者まで直接、
お問い合わせはs-spot@s-spot.netまでお気軽にどうぞ。
皆様のご来場、心よりお待ちいたしております。



劇團チョコリンゴ第3回公演「生きてこそ」
& アドレナリン21第18回公演「白地に赤く」 W公演

劇團チョコリンゴHP http://kodawari.syncl.jp/
アドレナリン21HP http://home1.netpalace.jp/adrenaline21/

■開演日時 2012.2.1.(水)~5.(日)
2/1日(水)19時~(白地に赤く)
2日(木)19時~(生きてこそ)
3日(金)15時~(生)19時~(白)
4日(土)15時~(生)19時~(白)
5日(日)14時~(白)18時~(生)
(開場は、開演の30分前です。各回、完全入れ替え制)

■チケット料金…前売・当日ともに 2,000円。
2作品特別割引:前売り・当日ともに3,000円
(2作品御観劇いただけます。別日で使用可)

■会場…新宿区百人町・白萩ホール
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-5-6 白萩服飾専門学校2F




劇團チョコリンゴ第3回公演「生きてこそ」
●脚本・演出:神佑輔
●制作:鳴海なのか

■物語…太平洋戦争終焉間際の昭和20年8月15日、満州。関東軍諸部隊は、不可侵条約を破棄して侵攻してきたソ連軍を阻止するべく死闘を展開していた。そんな中、密命を帯びた3名の陸軍兵士と従軍看護婦が、山中にひっそりと佇む廃屋にやって来た。しかし、この廃屋には既に3名の慰安婦が先客として屯していたばかりか、今や馬賊と化した4名の脱走兵も隠れ家として利用していた。果たして、この廃屋に集った面々はどのような関係を持ち、はたまた現役の兵士たちが与えられた密命とは何か?この四者によって繰り広げられる戦争サスペンスを軸に、物語は意外な局面に展開するのだが――。

■キャスト…風祭鈴音/坂中久志/宮澤遼平/坂田直也/柴野祐弥/香椎しい/平澤川澄/鷹嵩太朗/佐々木隼世/新尉ジン/鳴海なのか/他


 
アドレナリン21第18回公演「白地に赤く」
●脚本・演出:神佑輔
●制作:鳴海なのか
●デザイン:渡辺 祈

■物語…太平洋戦争終結直前の昭和20年6月。東京郊外の岡田家が舞台となる。父母は東京から疎開し、兄の登は海軍へ。家を守るのは長女の弥生と次女の正子。そんな中、久しぶりに登と、登の親友であり弥生の婚約者でもある吉川和夫が家に帰ってくる。実は登と和夫は特攻隊へ志願しており、特攻前の最後の休日であった。2人は特攻に志願したことを隠していたが、宴会の席で事実を口走ってしまう………。海軍特別攻撃隊(特攻隊)へ志願した二人の海軍少尉と、彼らを取り巻く家族や恋人たちを描いた物語です。

■キャスト…加藤成美/河上智子/水野沙織/松橋太郎/榊原 慎/松本雄大/河野ひかる/岡部果奈/羽二鳥なおき/他

(詳細は変更の恐れがございますのでご了承くださいませ)




2012-01-06 10:34:50投稿者 : 劇團チョコリンゴ-鳴海なのか
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと

舞台「生きてこそ」顔合わせ

2月1日~5日上演の舞台
劇團チョコリンゴ第3回公演「生きてこそ」
&アドレナリン21第18回公演「白地に赤く」
W公演の顔合わせを、今週月曜夕方に行いました

ひととおり事務的な事や説明を終えた後は…
親睦会も兼ねて軽く飲みましたよо(ж>▽<)y

↑水野さん撮影


↑私が撮影


↑喫煙所にいたおふたり

今回は2チーム合わせて計20名、
この日は自由参加ということでうち13名が参加でした


おひさしぶりな皆様、
前回に引き続きな皆様、
はじめましてな皆様…
長いようで短い1ヶ月、本番までどうぞよろしくお願いいたします


以下、舞台の詳細です。
チケットのお申し込み・お問い合わせは各出演者まで、
お問い合わせはs-spot@s-spot.net(担当:鳴海)までお気軽にどうぞ。

劇團チョコリンゴ第3回公演「生きてこそ」

アドレナリン21第18回公演「白地に赤く」 W公演

劇團チョコリンゴHP http://kodawari.syncl.jp/
アドレナリン21HP http://home1.netpalace.jp/adrenaline21/

■開演日時 2012.2.1.(水)~5.(日)
2/1日(水)19時~(白地に赤く)
2日(木)19時~(生きてこそ)
3日(金)15時~(生)19時~(白)
4日(土)15時~(生)19時~(白)
5日(日)14時~(白)18時~(生)
(開場は、開演の30分前です。)

■会場…新宿区百人町・白萩ホール
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-5-6 白萩服飾専門学校2F


■チケット料金…前売:当日ともに 2,000円。
2作品特別割引
前売り・当日ともに3000円
(2作品御観劇いただけます。別日で使用可)



劇團チョコリンゴ第3回公演「生きてこそ」
●脚本・演出:神佑輔
●制作:鳴海なのか

■物語…太平洋戦争終焉間際の昭和20年8月15日、満州。
関東軍諸部隊は、不可侵条約を破棄して侵攻してきたソ連軍を阻止するべく死闘を展開していた。そんな中、密命を帯びた3名の陸軍兵士と従軍看護婦が、山中にひっそりと佇む廃屋にやって来た。しかし、この廃屋には既に3名の慰安婦が先客として屯していたばかりか、今や馬賊と化した4名の脱走兵も隠れ家として利用していた。
果たして、この廃屋に集った面々はどのような関係を持ち、はたまた現役の兵士たちが与えられた密命とは何か?
この四者によって繰り広げられる戦争サスペンスを軸に、物語は意外な局面に展開するのだが――。

■キャスト
坂中久志/風祭鈴音/鷹嵩太朗/新尉ジン/佐々木隼世/平澤川澄/香椎しい/坂田直也/柴野祐弥/宮澤遼平/鳴海なのか/他



アドレナリン21第18回公演「白地に赤く」
●脚本・演出:神佑輔
●制作:鳴海なのか

■物語…太平洋戦争終結直前の昭和20年6月。東京郊外の岡田家が舞台となる。
父母は東京から疎開し、兄の登は海軍へ。家を守るのは長女の弥生と次女の正子。そんな中、久しぶりに登と、登の親友であり弥生の婚約者でもある吉川和夫が家に帰ってくる。
実は登と和夫は特攻隊へ志願しており、特攻前の最後の休日であった。
2人は特攻に志願したことを隠していたが、宴会の席で事実を口走ってしまう………。
海軍特別攻撃隊(特攻隊)へ志願した二人の海軍少尉と、彼らを取り巻く家族や恋人たちを描いた物語です。

■キャスト
加藤成美/水野沙織/榊原 慎/松橋太郎/河上智子/松本雄大/河野ひかる/岡部果奈/羽二鳥なおき/他

2011-12-28 20:06:38投稿者 : 劇團チョコリンゴ-鳴海なのか
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと

3月舞台「BACK STAGE1959」募集開始

劇團チョコリンゴ第4回公演
「BACK STAGE1959」
キャスト募集を開始しました!

歌あり踊りありの華やかな舞台
(役により踊れなくても大丈夫です)

主役を含むメインキャストの大半を公募予定。
・昭和34年のキャバレーの楽屋が舞台の一場物。
・ダンサー役の女性陣には色とりどりのドレスを着用していただく予定。
・華やかで奔放なダンサー達を中心に、楽屋に出入りする様々な人間模様を描いたちょっぴりもの悲しく、ほんのり温かいお話。
・稽古回数は少ないですが、 稽古場と会場が同じ場所で、ある程度作り込み済みのセットで稽古するため、短い期間の稽古でもイメージがつかみやすいと思います。


皆様のご応募お待ちいたしております。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■オーディション…2012.1.20.(金)~22.(日)各日18時~(1時間以内に終わる予定)
(オーディション日に予定が合わない場合、ご相談ください)

お問い合わせ・ご応募は、s-spot@s-spot.net(担当:鳴海)まで。
(オーディションの〆切は2012年1月21日)
【ご応募の際の必要事項】
・お名前 ・年齢 ・性別 ・連絡先 ・所属
件名は「バックステージ応募 (お名前)」でお願いいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【概要】
劇團チョコリンゴ第4回公演「BACK STAGE1959」
(劇團チョコリンゴHP http://kodawari.syncl.jp/)
■上演日…2012.3.7.(水)~11.(日)全8公演予定(1チーム4公演)
■作品の長さ…1時間45分前後
■稽古…2012.2.11.(土)~3.6.(火)
平日17時~22時 土日祝13時~22時
(多少の遅刻・早退・欠席は応相談です。Wキャストのため、隔日稽古になります)
■会場および稽古場…新宿区百人町・白萩ホール
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-5-6 白萩服飾専門学校2F
■ノルマ…あり。(役により「1公演あたり1~4枚」×5公演=)5~20枚
ノルマ以上の売り上げは、全て本人のギャラとなります。
ダンサー役の女性陣のみ別途衣装代として2000円いただきますが、ご希望であれば本番終了後着用したドレスを差し上げます。
■チケット料金…前売:当日ともに 2,000円。
■物語…昭和34年、東京・立川の大衆キャバレー「ルージュ」が舞台。ルージュの看板ダンサーでまとめ役でもあった、伝説の踊り子「マイラ」が突然亡くなってから数ヶ月を経過した。いまやルージュのダンサー達にはチームワークのかけらもなく、醜い後継者争いが生じていた。そんな中、ルージュの社長の元に借金の取り立て屋が現れる。この事件をきっかけに、借金の担保で「ルージュ」が売却されるという噂が蔓延する。華やかで奔放なダンサー達を中心に、楽屋に出入りする様々な人間模様を描いたちょっぴりもの悲しく、ほんのり温かいお話です。
●脚本・演出…ゼロ・カンパニー代表/神佑輔多数の映画、TVドラマなどに出演(NHKにて主演を2回経験)。現在ではプロダクションの代表・劇団の主宰をしながら、多数の舞台公演の演出・脚本を手掛けている。
ゼロ・カンパニー HP http://www.zero-kan.com/
劇團アドレナリン21 HP http://home1.netpalace.jp/adrenaline21/

【募集配役】
カッコ内は設定年齢。その年齢に見える方を希望(実年齢問わず)。
★印の方のみ、ダンス経験者希望。(それ以外の役はダンス経験は問いません。)
≪女性≫
★ビー(23歳)本作のヒロイン。キャバレールージュの専属ダンサー。踊りが上手い。チームワークが無いダンサー達に嫌気がさし、店をやめようと考えている。伝説のダンサー「マイラ姐さん」の愛弟子だった。
★桃子(23歳)ルージュの専属ダンサー。踊りが上手い。トムと付き合っている。「店を辞めよう、ただ、記念に何かできないか」と考えている。
・タマ(21歳)ルージュのホステス。ホステスに向いておらず、ビーと桃子の踊りに憧れ、ダンサーに転身しようとしている。ミケの妹。
・小豆(23歳)ルージュの専属ダンサー。山岡に惚れており、彼の事を心配している。元看護婦。
・モンロー(25歳)ルージュの専属ダンサー。ミケと似たもの同士。踊りは下手。ラーメン屋のケンちゃんと付き合っている。
・ミケ(25歳)ルージュの専属ダンサー。タマの姉。踊りは下手。モンローと喧嘩ばかりしているが、いざというときは結託する。
・鶴子(?歳)ルージュで働く年齢不詳の掃除婦。物語の狂言回し的な存在
・キャサリン(27歳)ドサ回りの歌い手さん。律儀に楽屋に差し入れを持ってくる。
・夏江(25~60歳)社長の姉(又は妹)。国立大学を首席で卒業した秀才。借金を押しつけて雲隠れ。
≪男性≫
・黒田(35~60歳)ルージュの社長。夏江が作った博打の借金の保証人になったが、夏江は雲隠れ、2千万円の借金を持つ。
・ラッキー山岡(30~40歳)ルージュで働く手品師。あまり人気が出ずクビを宣告されたが、起死回生を狙い新ネタを考えている。小豆に惚れている。
・トム(30歳)本名は勉。桃子の彼氏。ロイヤルストレートというグループで、ロカビリーをやっており、ちょっとした有名人。
・ケン(25歳)ラーメン屋で働いている。モンローと付き合っている。
・谷口(30歳)性質の悪い愚連隊。店を乗っ取ろうとしており、社長を脅しにくる。
・岡本(20歳)谷口の手下。谷口と一緒に乗りこんでくる。
・鈴木(28歳)タマの太ももを触った。新婚ほやほやの小学校の先生。ダンサーたちに寄ってたかってボコボコにされる。
・高野(20歳)ルージュで働くウェイター。無気力。
・坂本(30~50歳)ルージュの夜を守る守衛。演歌歌手を志望している。

キャスティング担当・制作:鳴海なのか(シュガー・スポット)
シュガー・スポット株式会社HP http://s-spot.net/
鳴海なのかブログ http://ameblo.jp/nano73/

2011-12-21 12:24:37投稿者 : 劇團チョコリンゴ-鳴海なのか
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと

「生きてこそ」オーディション開始

2月1日~5日上演の舞台
劇團チョコリンゴ 第3回公演「生きてこそ」

昨日からオーディションがはじまりました

オーディションは
昨日2(金)から明日4(日)まで、
ご応募は本日いっぱいまでは受け付けております。

(↓募集詳細コチラ↓)
http://kodawari.syncl.jp/?p=diary&di=804083


ちなみに今回は
アドレナリン21さんの舞台「白地に赤く」と同時上演ということで、
オーディションも合同で開催させていただいております。

アドレナリン21HP
http://home1.netpalace.jp/adrenaline21/


「生きてこそ」も「白地に赤く」も
終戦間際のお話、ということで時代背景はほぼ同じ、

私もいつかこの時代をテーマにした作品
の演出をしてみたいなぁ…なんて


そのためにも、もっと色々勉強しなきゃと思っております。


鳴海なのか

2011-12-03 10:29:12投稿者 : 劇團チョコリンゴ-鳴海なのか
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと
57件中   31 - 40 件表示 ( 全 6ページ )
  1  2  3  4  5  6